2019年11月8日金曜日

個展 "闇と光のユール" 開催します




tegamiya solo exhibition
闇と光のユール
Yule Blessings

2019 12/7 sat - 15 sun

場所

草舟あんとす号

植物の本や紙小物、カードリーディングのお店
[会期中] OPEN 12:00 - 18:00
      水曜、木曜定休
JR武蔵野線 「新小平駅」より徒歩6分
西武国分寺線 「小川駅」より徒歩8分
〒187-0032  小平市小川町2-2051
TEL 080-1330-5452



ユール(冬至祭)は、もっとも夜が長く暗い冬至から
新しい太陽が再生し光が復活してゆくことを祝います。

古くヨーロッパの西、北の地域の言葉
地域によって聖ルチア祭(12/13)、冬至
クリスマス、新年と
大切な冬の祝日を含む期間のようです。

暗闇のなかから新しく生まれなおすこと。
まだわからない未来を祝うこと。
迷うものの道しるべになるもの。
季節も命もめぐり続け、想いは輪を描き続けること。

小さな絵や季節のオーナメントをメインに、
新作のレターセットやカードなどの紙雑貨
(スペシャルな方に手伝っていただき
いつもとは一味ちがうものも
ご用意できるかもしれません…!)
新しい年、新しい時間を祝福する
ユールのためのtegamiyaおみくじをご用意します。


::: SPECIAL LIVE EVENT :::
Melancolia Storytellingによる演奏会を開催します。

*日時*
12/10(火) 18:30より開演(約45分間)

*料金* 2,500yen
tegamiyaからのspecialなおみやげつき

*ご予約*
Melancolia Storytelling(相澤さん)へ
メールにてご連絡ください。

◯展示会場となるあんとす号さんは
ライブ当日のみ18:30までお店を開けてくださいます。
ライブ前に展示をご覧いただくこと可能です*

Melancolia Storytellingさんは…
歌う人、奏でる人、本を作る人。
深い闇も悲しみも知るから
美しさや、やさしさをみつけられる人なのだと思います。
今回、私のユールの作品をもとに
新しい音楽を作っていただけることになりました。
その尽きない創作の泉から
ともに暗闇と新しい光の物語を探してくださいます。
どんな音楽が生まれるのでしょう。
どんなユールの音楽会になるのでしょう。
みなさんと過ごす特別な冬の夜、楽しみです。





---お守りのようなもの。
誰かに何かの力をあげる。一人だけ。
その人に届ける。
出会えるかはいつもわからない。
必要としている人に届きますように、と
祈りながら作る ---





2019年11月3日日曜日

15年。ありがとうございます




tegamiyaができて15年。

15年前の今日、お客さまの前で
初めて作品を並べて販売をした日。
(遠すぎてぼんやりな記憶。
記録によるとそうみたいです。)

その一年後に作った作品をまとめてできた最初のカタログ。
今見るとひゃー恥ずかしい、となるけど
希望とやる気に満ちた
その時の精いっぱいの手抜きのない全頁に
今これ作れないな、というすごみもある。

ひらがなでスタートした「てがみや」は
その後ネット普及でのワード検索のしやすさや
海外お取引(オーストラリアやイギリスに卸していました)
のいろいろで「tegamiya」表記がメインになったけれど
そのくらいしか一見変わらずにいる。

変わらないね、と言われることがうれしくも思う。
同時に、変わってもいいかも、とも密かに思っている。

たくさんの人と場所と
ご縁の結び解きの繰り返し。
15年選手の作品たちも
実はどれもマイナーチェンジをしているし
よい方へ常に変え続けてゆきたい。
立ち止まったり、違うやり方をしてもいいように
最近思い始めたり。風の向くままに。

みなさんももしタイミングが合って
風が向いたときは
作品を観たり手にとって
絵を飾ったり、お手紙書くのに使っていただいたり
気軽に声をかけていただけたらとてもうれしいです。

ありがとうございます!

2019年10月31日木曜日

*水色の月・10月のお話*




よく晴れた秋の日は、一年の贈りもの。

森に入れば実りをみつけ
動物たちは贈りものを受けとるのにザワザワと忙しい。

夏の緑色が、黄金色、茜色、紅色と変化してゆく。
ただ色が落ち枯れてゆくのではなく
美しく熟してゆくような色彩設計したのは誰だろう。
私も贈りものを受けとろう。

これから来る季節が寒く色のない冬だとしても
今、秋がうれしくて、うれしくて仕方がないのです。

成熟し力を和らげてゆく穏やかさが好き。
照らされる秋色の花が好き。
暮れてゆく夕焼けが好き。
いってしまった太陽の残り火で
三日月をみつめることが好き。
蝋燭の灯りの温かさを心地よく感じることが好き。

森はいつのまにか静かになった。
日が暮れる早さを思い、家路につく。

秋は贈りもの。
すぐに去ってしまうから
はやく贈りものを受けとらないと。


この絵は手元にあります。
販売もできますので、ご興味のある方は
ご連絡いただけたら詳細をお知らせいたします*
メール→Click!


2019年10月27日日曜日

蠍座のオーナメント


明日の蠍座の新月を前に。

本来は秋の景色が美しく広がり、実りを結ぶ季節。
今年はさまざまに災害が重なり
そうでなくても天候がすぐれず
体調整わない方もいらっしゃるのでは。
穏やかな秋がもっと楽しめたら…と思います。
今、不安な気持ちでいる方にも
心やすらぐ時がみつかりますように。

古くケルトなどの暦ではこの時期(10月と11月の狭間)が
1年の終わりと始まりの大切な日だったことに
蠍座の持たされた意味が
結びついているように思っています。

収穫の季節が終わり
枯れゆく死の世界のような冬がこれから来ること。
季節の境目で、小さな存在である人間たちは
抗うことのできない「神秘…季節や、この世界そのもの」
がもたらす「死…暗く寒く、奪う冬」
その後
与えられる「再生…豊かな春、季節はめぐること」
を強く感じて大切にしたこと。祈ったこと。

始まりと終わりの不安定さと
不思議なエネルギーとのなかで
この世ならぬ世界とつながるイメージをしたこと。

古代の人たちの自然やこの世界に対する畏怖を思うと
謎めいた蠍座が意味することが
少し理解できるような気が、私はします。

蠍座は「与えられるもの」の世界。
大切な人の、大切なことの
本当の部分を知りたくて
探って探って、まるで一体化するように
誰よりもつきつめてゆく先にたどりつく場所は
もっとも真髄である
隠された、この世の闇の部分なのではないか。
絶望の淵から手をのばしたとき
神秘から与えられるもの。

与えられるのは毒(死)か。
聖拝に注がれた永遠の命が叶う妙薬(生)か。
…両方。死して復活する、そう例えられるように。

よく言えばドラマティック、だけど
生身の人間にはなかなか大変に思います。
その代わり?神秘的なもの、説明のつかないものに
守られるように感じることも多いとも聞きますが
どうでしょう?

いつも生き死にのことを考えているような
究極的な生き方をしているゆえ
人知を超えた力や、縁の存在を
感じざるを得ないのかもしれません。

石榴も葡萄も、秋のシンボルであり
神話やさまざまな宗教、文化のなかで
聖なる存在を象徴するものでもあります。
石榴は、永遠の命や多産にまつわり
鬼子母神のお話や、エジプト神話にも登場
キリストの受難・不死を表したり
ギリシャ神話の冥界の食べ物だったり
…手榴弾にも関係あるそうです(!)。
葡萄も、繁栄や命、死からの復活を
感じさせるもの。

最後に。
このシリーズをみてくださっている方に
蠍座を先に作ってほしいと
だいぶ前にリクエストいただいたのですが
結局季節通りのタイミングになってしまいました。
お待たせしました…

2019年10月5日土曜日

企画展 “星月の夜” 参加します



*11/18までに延長になりました*

【企画展参加します】
“星月の夜”
10/19(土) - 11/18(月)
場所
nijihoshi(松山店)
愛媛県松山市北藤原町15-14竹村ビル201

OPEN
(月~金)11:00~16:00
(土・日)11:00~19:00
10/27お休み
不定休…お店のお知らせをご確認ください

紙もの作家さんの雑貨が
たくさん集まるワクワクの企画展に
参加させていただけることになりました。
テーマに合わせて
星や月のモチーフのものを中心に
お届けしています。

nijihoshiさんは前身のお店のときから
お世話になっていますが
こんなにたくさんお届けしたのは初めて!
というくらいに
レターセット、メッセージカード、
一筆箋、オーナメントなど
もりもり並べていただける予定です*
とってもうれしく、楽しみです。


写真のラッピングペーパーも
たくさん作ってお届けしました◯

四国で作品をご覧いただける貴重な機会、
秋の夜に書くお手紙のものを選びに
もしご都合つきましたらお立ち寄りください*












2019年9月30日月曜日

*9月のお話*水色の月



どんなにたくさんの人がいても
どんなに時間を遡っても、また未来にも
あなたの同じ顔の人が一人もいないように
あなたと同じ声の人が一人もいないように
あなたと同じ人はいない
すべての生きものは、ひとつだけ
それが宇宙の約束

ひとつだけの存在が、おこすこと
歩いて巡り、新しく出会い
関わること、離れること
どんなに小さなことでも
そのとき、ひとつひとつ
鋭い閃光が走る
それも宇宙の約束

だから
ひとつしかない小さなあなたを
あなたがおこす行動を 仕事を 暮らしを
今日を 出会いを 別れを 夢を
隣にいる人を
ときどきはまっすぐみつめて
大切なものとして
味わってほしいと思うのです

当たり前のようで、いつも忘れていることを
星遊びでいろいろな人のホロスコープを
書き出す度に思い出すので
(全く同じネイタルホロスコープの持ち主と
出会うことはまさに天文学的確率)
夜空のような葡萄の色をみながら
この絵を描きました。

この絵は販売済です。
この絵が好き、と言ってくださる方もとても多いです。
ありがとうございます。


"手しごと市"終了しました






葉っぱ小屋さんでの"手しごと市"、終了しました*
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!

最後にはいつものお客さまたちがいらしてくださり
絵や作品のことをいろいろお話して
温かな雰囲気で終えることができました。

本当に、足を運んでくださるお客さまあってこそだな…と
当たり前のことを確めながら
お一人お一人のお顔が
作品を前にゆるんでくださったことを励みにして
また新しいことを始めたいと思います。

たくさんの方に手にとっていただけたのは
葉っぱ小屋さんが、すてきな壁絵を用意してくださり
作品たちがどうしたらお客さまに伝わるか、届くかを
日々考えてご尽力くださったおかげでもあります。

ただただみなさまのおかげさま、な展示でした*
私ももっとがんばらないと。
ありがとうございました!

2019年9月24日火曜日

"海辺のrectangle" 通販のご案内


**9/25で締め切ります**
25日までこの記事がトップに来ます

会場アクシデントによる会期分断や
会場変更などご心配をおかけしました。
ご来訪が叶わなかった方や、ご遠方の方も
この機会にご利用いただけましたら幸いです。

*通販の流れの詳細についてはこちらをご覧ください → Click!
*紙雑貨を通販ご希望の方はカタログをご覧ください → Catolog Page
 次回展示準備期間のため、在庫があるもののみの対応となります。
 ご了承くださいますと幸いです。

---
◆"海辺のrectangle" 手製詩画集 /1,620yen 税込 
詳細はこちら → Click!
表紙や栞の色はおまかせください。




◆海辺のタグセット /648yen 税込 
さまざまな海色の紙に
手彫りのタツノオトシゴや巻貝の版を
ハンドプリントして手づくりしたタグセット。
浜辺に打ち寄せられた小石のような天然石(ラリマー)を
糸に通しています。
ウラにメッセージを書いてお菓子や贈りものに添えたり
お部屋に飾ったりしてお楽しみください。

約70*35mm /3つセット
紙とインクの色はランダムです。
おまかせ、もしくはご希望のアルファベットをお伝えください。





◆"海辺のrectangle" 原画 /各15,000yen 税込 
フレームのサイズ 約108×127×29mm

Healing a little in the evening.
暑い一日のささやかな安息



It's nowhere but everywhere.
心の中にあるあの場所



Rainy day sun.
雨の中でみつけた光


Wonder who lives in the wind.
風とともに暮らしている人



One step forward before closing.
海まであと少し



絵は、厚紙でお作りした
手作りの箱型フレームに入っています。
そのまま立てて飾ったり
後ろに引っ掛ける部分をつけていますので
ピンなどで壁掛けもできます。


◆"潮騒のおと"モビール /8640yen 税込  
レターパックライトでの送付可
サイズ 約700 × 300 mm
詳細はこちら → Click!





◆"きせつのおやつ・かき氷" 原画 /20,000yen 税込 
フレーム(木製)のサイズ 約220×271×20mm
夏の午後にみる夢
れもんのお日さま こおりの雲
甍の波に人魚が揺れる
虹のシロップをかけたところで
ああ 目がさめてしまった

切り絵でできた原画です。





◆"きせつのおやつ・かき氷" ポストカード /216yen 税込 





◆"水色の月・8月" 原画 /20,000yen 税込 
サイズ 約130×197×30mm

夕暮れの海があまりにきれいで
グラスにすくって持って帰り
一晩中眺めていた
という夢





お知らせ

シャララ舎さんでの委託販売を
終了することになりました。
今までたくさんの方にお手にとっていただき
とてもありがたく思っています*

29日(日)まで置いてもらっていますので
よろしければご利用くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

2019年9月23日月曜日

天秤座のオーナメント


今日は秋分の日。
太陽が天秤座に移る日。

占星術で面白いなあ、と思ったことのひとつに
春分〜秋分(牡羊〜乙女)と
秋分〜春分(天秤〜魚)を
二つにわける考え方。

前半は、個の成長を追う
自分と身近な人との世界。
後半は、広い社会とそこで出会う存在との
関わり方を追う、他者中心の世界。
そして180°にあるサイン(星座)は
同じ分野を個として扱うか
他者や集団に反映して扱うかで見る。
面白い、よくできたシステム!と
思ったのでした。

なので、秋分の日は
夏(個人の世界)→冬(他者の世界)
に入る特別な境界。
太陽の下で育ててきた個を生かして
これからより寒くなるにつれ
静かに、深く、この世の物事を探る季節が
やってくるのかなと
自然の景色を見ながら思います。

……

天秤座は、個が、他者のいる世界にやってきて
そよ風のような心地よい言葉を
たくさんやりとりするイメージです。
それは、他者が何を望んでいるか
他者からみて何が美しく見えるか
知性によって解り
気づかいによってふるまうことができるからだそう。

優しく柔らかい雰囲気のサインなのに
天秤座は12星座でただひとつ
「生き物」ではなく「物」で
(水瓶座は水瓶をもってる青年のほうが主役だそう)
とてもドライな星座だ、ということを
どこかで読みました。

誰からみても美しく感じる調和
偏りないバランス
みなの公平を求めていく知性。
己のなかの善悪の判断を
なるべく客観的に下すには
生きているものの情に動かされないようにと
努めなければならない。
冷静さを求める姿勢が
そう感じさせるのかもしれません。

でも人間には
感情があり、好き嫌いがあり、間違いも犯す。
本当の正しさとは何だろう。
そしてこの世界に
真の調和や平和や公平は…?
もしかしたら
考えて立ち止まってしまうことも
あるのではないでしょうか。
客観性を重んじるゆえに
自分自身と他者と比較してしまって
苦しくなったりもしてしまうかもしれません。

あちらとこちら。
優しさと冷静さ。
理想と現実。
美しさやバランスをどこまでも求める星座ゆえの
複雑な思いも抱えているような星座だと感じます。
しかし、その思いすらも抱えて
また人々のなかへ入ってゆき
美しい答えをどこまでも
探してゆくのではないか、とも思います。

 …
ギリシア神話で天秤を持つ正義の女神は、
もう片方の手に剣(知性)を持っています。
知性とは、物事を分けて一方を切り捨てること。
でも神話のなかでは、むやみに争いあう人間たちに
最後まで残って正しさを説得しています。
私は「正義の女神」という権威的な響きより
「そよ風の天使」のようなイメージをして描きました。

天秤で計っているのは、昼と夜の長さ。
そして、薔薇の咲く輝かしい夏と
静かに星月を眺めて物思いにふけるような冬。
どちらも美しい時間。


2019年9月8日日曜日

葉っぱ小屋さん"手しごと市" 参加します




来週より企画展に参加します。

9/11〜29
"手しごと市"

場所・葉っぱ小屋
鎌倉駅西口すぐ
御成通り インテリアマサキさんの二階
11〜17時
月火お休み(祝日は営業)


夏が終わり、秋が来ます*
続きまして、来週から
葉っぱ小屋さんの手しごと市に
参加させていただくことになりました。

メイポールのときにも
とってもお世話になった葉っぱ小屋さん。
作ること、作品を届けること、日々のこと
いろいろお話しながら
いつも支えてもらっていて
今回またご縁をいただきました。
いつも気にかけていただき
温かさがしみます…

旧作ではありますが
秋らしい原画たちもたくさんお届けしている他
紙もの雑貨もさまざまな種類をお届けしました*
メイポールのときにはなかった
秋冬な雰囲気の雑貨も並びます◯

なんとなんと
今回、店内の壁の絵も
tegamiyaをイメージして描いていただき!
この壁絵だけでも
ぜひご覧いただきたいというくらい。
フクロウも(よく見たらミミズクかな?)いますよ♡

14日、15日は在店もする予定です。

どうぞよろしくお願いいたします*



海辺のrectangle 終了しました



海辺のrectangle、すべての会期が終わりました。

お越しいただいたみなさま、
遠くから心を寄せてくださったみなさまも
ありがとうございました。

昨日もたくさんの方がお越しくださり
はなやかな空気で終えることができました。

じっくりと時間をかけてみつめてくださったり
何度も足を運んでくださった方もいらしたり
(シャララ舎さんとパトローネさんと
両会場いらしてくださった方々も…!)
みなさんの心に届くようなものが
作れたということではないかと、
みなさまから大きな自信をいただきました。

ご心配もおかけしてしまいましたが
海にも近い、美しいパトローネさんでの
ご縁をいただき
「帰りに海を見てから帰ります」という
お客さまもいらっしゃる場所で
新たな続きの会を開くことができたこと
心からうれしく思いました。
本当にありがとうございました*

お葉書もない突然の続きの会でしたのに
鎌倉の周辺のお店さんたちも
この会のことをお客さまに
ご紹介してくださったりして
その温かさ、本当にありがたく。

ただただ、周りの方々に支えられて
存在できているのだなあと
いつも以上に感じています。

海の絵たちも、たくさんのご縁があって
ピッタリのお客さまにお渡しすることができて
ホッとしています。
手元に戻ってきた絵たちと雑貨がありますので
近日中に通販のご案内もできたらと思います。

みなさま、本当にありがとうございました*






2019年8月31日土曜日

*8月のお話*水色の月



8月の絵も今日でおしまいです。
とてもとても長くて、短いような。
いろいろな夏、それぞれの方の一度だけの夏。

由比ヶ浜できれいな夕日を見たあと、
山のなかの家に帰ってきて感じたことを
そのまま絵にしたもの。

嘘みたいにきれいなものが一瞬で去っても
私の心には残っている。たしかに。
あの日あの時の夕暮れ、
同じものを目にすることができなくても
絵になら描ける。
言葉にならできる。
それを誰かがみつめる。
その人が、違う夕日を思い出す。
なんだか不思議なことですね。

グラスの海のにじみも一期一会で
今となってはどうやって描いたかわからない。

この絵をご覧になった方が
毎日きれいな夕日がみたくて
海の近くの家に引っ越したお話を
してくださいました。

そう言えば今年は
花火も海の家も夕やけの海も盆踊りにも
いってないなあ!

でも、たくさんの海に行った気持ち。
絵を観てくださった方の心のなかの海に
おじゃました気分です。
さまざまなお話してくださり
ありがとうございます。

---
この絵は9/7まで、鎌倉のパトローネさんで
展示販売中です。
のんびり空を眺めながら
みつめられるのをお待ちしています。
---