2014年12月30日火曜日

京都旅行記 その2


京都でのこと、2日目です。

竜安寺。
朝早くに訪れたので、珍しく人が少ない…。
朝の日差しをあびてのんびり過ごす縁側。


きらきらでっかい二条城。



念願の、豆餅!
ほんのりの甘さ、しあわせ。
食べながらの鴨川の景色がまた最高。



高台寺。




ねねの道の夕暮れ。



夜ごはん。祇園でたべるうどん。

*おみやげ*

蒼穹というお菓子屋さんにて。
黒胡麻クッキー好きでした。


このとりさんが浮かぶところがニクくて
リピートしてしまうんだよなあ。

2014年もありがとうございました。
作品お手にとってくださった方
展示会にきていただいた方
お世話になったお店の方
blog読んでいただいた方…
出会うことのできたみなさまに感謝いたします。
よいお年をお迎えください!


2014年12月29日月曜日

京都旅行記 その1



振り返ると今年(特に後半)は波乱の一年でした。
辛く、生き方に悩むことがあり、今それを越えて
少しずつ穏やかに過ごせること、たくさんの方に
支えられてなんとかここまできたこと。
自分にとって大事な人、大事なことがなにかを考える節目でした。

本当に辛くて行き詰まっていたとき
「大好きな京都に行ってきなさい」と言われました。
あまりに元気がなかったから、旅行に不安を感じつつ
でも京都なら行けるかな…、と思って向かった10月。
「ああ、やっぱり京都いいなあ」と思えたことに安心しました。

振り返る余裕なく、2ヶ月過ぎてしまいましたが
写真をみると、また行きたくなります。



鍵善。また来てしまいました。




初めての糺の森と下鴨神社。
なんて美しい場所なんだろう。
いつもここにこられたらどんなにいいだろう。



芸事にご利益があるという狸谷不動院。
こんなに山深いところにあるとは……
たくさんっの階段を登った後に遠くに見える街。


狛犬のような羊がいます。珍しい。


詩仙堂。


円光寺。
すばらしい風が感じられる縁側。
水琴窟の清らかな音。
紅葉の少し前だから、静かに楽しめたのでしょう。


夕方は恵文社さんを、1時間かけて楽しむ。

2014年12月28日日曜日

クリスマスの庭園美術館


25日には、思い立って庭園美術館に行きました。 

何度も足を運んでいる大好きな場所ですが
今年リニューアルを終え、再び訪れることができました。
職人が技を活かして、古いものを丁寧に労りながら
修復していく様子が紹介されていて、
そのおかげで今もこの古い建物が
奇跡のような美しさを維持していることを知りました。

細かなところに、本当に柔らかな線や
弾むような球体、動植物のモチーフがあしらわれ
わくわくさせてくれる、夢のような建物です。











2014年12月20日土曜日

冬の鎌倉へ


寒さが厳しくなってきたこの頃。
昨日は風も止み、暖かい日差し。
こんな日は、鎌倉日和です。

一人でお店巡りをしたり、海辺を歩いたり
ひっそりとした神社やお寺を訪れたり。
このまちを歩くと
なぜか、なにもかも受け入れてもらっているような、
とげとげが落ちるような
そんな気分になるのです。






いつもかわいいmolnさん。
品切れしていたひつじのオーナメントや
night,light,momentレターセット、
新作の手刷りの切手のぽち袋を納品しました。

いま、フェルト作家のNICOさんが
クリスマスの展示をしています。
温かなきもちになる作品がたくさん!
私の愛用しているアセビマコトさんの器も増えていて、うっとり。




妙本寺は、紅葉がきれい。
誰もいないひっそりとした雰囲気が好き。
参道にある「葉っぱ小屋」さんで開催中の
フェルトの動物たちがとてもかわいかったです!
動物のそれぞれの特徴をとらえながら
愛らしく丁寧に作られていました。


*おみやげ*


 大好きなりさこさんのシュトレン。
これを楽しみに待っていたのです!
ナイフを入れたときにまず広がるあまく爽やかなフルーツの香り。
口にいれたときのしあわせ。甘いお砂糖…。


木木さんで糸をいっぱい。
オーナメントの新しい作品に使いたいです。


紙モノいろいろ。

ブックスモブロさんの活版展に行けました!
右:九ポ堂さんのアリスカードは色数も多くてかわいい。
 チェシャネコが空押しでさりげなくいるところにやられました。
 左:お近くのパトローネさんでいただいたXmasカード。
上:葉っぱ小屋さんでいただいた
ninonという白樺作家さんのカード。


2014年12月14日日曜日

手刷りの切手のポチ袋



手彫りのスタンプで一枚一枚手で刷り、
手作業で切手型に切りとった架空の国の切手。
子どものころ、手づくりで切手を作り
友達と郵便屋さんごっこをした記憶を思いながら…
切手としては使えませんが
アクセントとして貼って遊びます。

手づくりのポチ袋を作りました。
2色の紙を貼り合わせた、切り返しがポイントです。
やわらかい色合いで外国の絵本のようなイメージです。

スタンプ部分は色ごとの版が微妙にずれて、レトロ感を出しています
一枚ごとにインクの色を微妙に変えています。
すべて手作業のため、一点ものとなります。

※通販でのお求めを希望の方は、写真の中より
ご希望をお伝えください。

1枚 約64×97mm/320yen +税


 裏面はこのようになっています。
手作業で2色の紙を貼り合わせています。


やわらかい色合いを組み合わせて刷っています。



2014年12月12日金曜日

クリスマスの準備




この時期、いつもの部屋を
クリスマス柄の外国の包装紙や古いカードなどをくわえて飾ります。

街も華やいで、ギフトコーナーやクリスマスカードなど
見ているだけでわくわくしてしまいますね。
子どものころからのクリスマス好きです。


いただいた「おかしさん」のサンタクッキー。
かわいいです!