2019年12月31日火曜日

*水色の月・12月のお話*



12月の絵。

手作りのお菓子をご自宅で販売している
アットホームなお店で
レモンケーキをいただいた。
北鎌倉、後ろは山の緑深いお店。
目の前にはお庭があって
ピカリと黄色のレモンがたわわに実っている。
そのレモンをたっぷり使っているというケーキは
目が覚めるような酸味がしっかり効いていた。
冬の空気によくあっていた。

目の前で実ったものをいただく、という機会は
今までの生活にはなかなかなくて
自然なことだけど、恵まれたこと。
ありがたくも鎌倉や、千葉の実りを
時おり分けていただくこともあり
そのたびに大地のこと、風のこと、雨のこと
育てた手のことを想い感じている。


この絵にはその時の気持ちでレモンの木を。
クリスマスツリーではなくて
自然の実で彩られた木。
透明なステンドグラスの窓辺に
プレゼントではなくて、お手紙が届く。
サンタの代わりに、伝書鳩。
何が書いてあるのでしょう。
きっとうれしいこと、明るい気持ち。
冬の光のなかで封を開けたら
新しい時間が始まります。


12の月のお話はこれでおしまい。
みなさん、水色の月との一年を
どうもありがとうございました*

実は先週もこのカレンダーを
新しいお家にお届けしたばかり。
"新しい窓のよう"とご感想をいただきました。
この一冊はカレンダーという枠を超えて
楽しんでくださる方が本当に多く
とてもうれしいです。
胸がいっぱいです。

それでは、よいお年をお迎えください*


2019年12月22日日曜日

注文の多い文具展 参加します




企画展参加のお知らせです*

注文の多い文具展
2020年1月8日(水)-26日(水)

場所 ranbu
http://ranbu-hp.com/
大阪市北区大淀南1-4-20 長谷川ビル202,301
tel:06-6345-7122
営業時間:12:30-19:30
定休日:火曜日

当展は注文の多い文具展ですから
どうかそこはご承知ください。
「実用的だけでは足りません
どうかそこにかわいさを加えてください」
「こだわりの文具を望みます」
「毎日持って歩く相棒です。私の生活に花を」
全国から手作りのこだわり文房具が集まります。



昨年に引き続き、参加させていただけることになりました。
12月におひろめした活版印刷カードや
吟遊詩人のレターセットを含め
レターセット、カードなどの紙雑貨を
もりもりご用意いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。



2019年12月18日水曜日

闇と光のユール 通販につきまして


【闇と光のユール 通販につきまして】

現在もお問い合わせをたくさんいただいております
「おみくじカードセット」も含めまして
期間を設けて通販対応をしたいと思います。
ご好評ありがとうございます*

期間:1月の中旬〜下旬ごろの開始を予定しています。
詳細日時はツイッター、インスタで改めてお知らせします。
品物なくなり次第終了します。

通販内容:闇と光のユール 原画(オーナメント)作品7点ほど
闇と光のユール おみくじカードセット 10点ほど
新作レターセット、活版カード少々
お支払い方法:銀行振込
お申し込み方法:メールにて受付けます

1月初旬まで、次回展示会の準備期間となりますので
(1月の展示会にはユール作品は並びません)
すべての通販はお休みとさせていただきます。
お問い合わせいただいても
すぐにお返事ができないかもしれません。
ご了承いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします*

ユールに贈る言葉


教会、という言葉がよぎった。
いいえ、教会では収まりきらない。

森。
森は好き、でもまだ収まりきらない。

天空。
そうね、天空なら自由でいられるかも。

宇宙。
宇宙なら、同じくらいかな。
私の魂の大きさと。


会が終わる前に天から降ってきた言葉です。
草舟あんとす号さんが
それはそれは褒めてくださったので
ここに載せておきますね。
ありがとうございました。




"闇と光のユール" 閉会しました


闇と光のユール
改めまして無事閉幕しました。

お越しくださったみなさま
通販にて作品を求めてくださったみなさま
遠くからお気持ちを寄せてくださったみなさま。

そして、陰にも表にも私を支えてくれた
あんとす号さん、あいざわさん、knotenさん
Holy Gardenのみなさん、見守ってくれる方たち
ありがとうございました。

こんなにみなさんの熱量を持って迎えられた個展は
いままでにない…といっていいほど
濃厚で、不思議で、説明のつかない日々。
追加の制作に追われ走りまわり
最終日の閉店後までご注文の連絡をいただいて
あれよあれよと幕を閉じました。

昨晩ようやく一息ついたとき
「二度と現れることのない、すごい魔法をみせられたのだ…」と
思い、涙がでました。

今回の展示会には、言葉で説明できることがあまりありません。
みなさんが目にし、感じ、想像し
受けとられたメッセージがすべてです。

私が個人的に感じたことを少しお話するとしたら
素の自分を出してみても大丈夫だった、ということです。

私はたぶん、自分のためではなく誰かのために作る人で
確かなものを、技術をもってきちんとお作りして
届けたい気持ちが強いのですが
(私の目指す作家像が、そういうものなので)
でもユールの作品たちは
いろいろな出来事が重なって、描くことができなくなり
その気持ちを強く保つことがどうしてもできなくて
でも楽しみにしてくださる人たちがいることだけはわかっていて
今できることだけとにかくやろう、と
不足や不器用、揺らぐ感情、闇…を
そしてそのなかにこんな光があったらいい、と
下書きもあんまりせずにそのまま描きました。
だからこそ、伝わる神秘があったのかもしれません。

こんな魔法をみせられて、私はまだ
この先にどこへ向かえばいいのかわかりません。
また同じように描けるかもわかりません。
ただ、目の前にやりたいことがたくさんありますので
自分のペースで少しずつ歩いてゆきますね。

みなさまも
静かに自分を深くみつめるユールを迎え
ノエル、山羊座新月を迎え
清らかなお正月をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願いいたします*











2019年12月1日日曜日

活版印刷で作った冬のカード


静かな雪の日に
祈りながら常緑のリースを作っている。
線画のイラストレーションをもとに
初めて活版のカードを作ってみました*

しかもいろいろな紙とインクを使って…!
印刷時に組み合わせを変えていただき
どれも少しずつ違います。

そして、そこへ一枚一枚、水彩で着彩した
特別な手彩色カードもご用意しました。








緑青社(knoten)の岡城さんにお願いして
制作していただきました。
紙もインクも
自然を愛する温かな眼差しと
繊細なセンスで選んでいただいています。
そして経験に磨かれた知識と技術で
仕上げていただいた活版作品。
ぜひ手にとって
その味わいを確かめてみてくださいね。

サイズ/148×100mm(はがきサイズ)


◆2色刷り 300yen +tax
在庫、まばらなためご希望に添えない場合があります。

◆手彩色 1,091yen +tax
活版印刷のカードにさらに一枚一枚水彩で着彩したもの。
1点ものとなります。

こちらの画像は過去の作品なので、販売済です。
参考用に掲載しています。
ご希望の方へは在庫の画像をお送りいたします。